税理士試験の「通学」について


どの専門学校に行くか決めた後は、講座の形態を決める必要があります。
一般的な専門学校では、「通学」「通信講座」「ビデオ・DVD講座」「インターネット講座」の4つの形態がありますが、ここでは「通学」に注目してみました。

「通学」とは、その名の通り、専門学校に行って、「生の授業」を受けることです。通学には、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

スポンサード リンク



税理士試験の「通学」のメリット


通学だと、授業が終われば、直に講師に質問ができますし、授業で思った「ふとした疑問」も、授業のあと、すぐに解決できます。
また、すぐ隣で、同じ目標で勉強している人たちが、学習しているので、刺激もあります。
それだけではありません。必ず、決まった時間に専門学校に行かなければならないので、勉強のペースメーカーになって、税理士試験の学習を「習慣」にすることもできます。


税理士試験の「通学」のデメリット


専門学校の規模、講師の人気によりますが、広い教室で、大人数で授業があるとき、聞き取りにくかったり、板書が読みにくかったりします。また、当り前の話ですが、ノートをとる必要があるので、授業中、書くことに集中してしまって、「理解すること」が、おいてきぼりになることもあります。
それだけではありません。決まった日時に、専門学校に行かなければならないので、突発的な仕事があって行けないことがあれば、そこで、勉強のペースが崩れて、勉強しなくなるという可能性もありますし、仕事をしながらの勉強なので、疲れているときもあるでしょう。そういうときも、授業をうける必要があるので、つい居眠りをしてしまったりする可能性もあります。居眠りをしないまでも、体調が万全のときに比べると、理解力は落ちる可能性があります。
最後に、生の授業なので、聞きなおすことができないというのも大きいです。理解しにくかったので、あともう一回、説明を聞きたいと思っても、聞きなおすことができないのです。

<税理士試験の「通学」を考えてみる>
・勉強を習慣化させる効果があるか?:★★★★★
・授業にふと思った疑問を解決できるか?:★★★★★
・授業の内容を理解しやすいか?:★★★☆☆
・その他のメリットはあるか?(刺激をうけるなど):★★★★★
・挫折しないか?:★★★★☆
・勉強の効率はいいか?:★★☆☆☆
※)★が多いほど、効果が高いということです。あくまで、管理人の独自の見解ですので、参考程度に。

資格の学校
税理士試験なら、以下の2つがお勧め。管理人は、資格の学校(TAC)の税理士講座を受講中。管理人が、資格の学校 TAC(タック)で勉強している様子を公開!
資格の学校TACタック
DAI-X・ダイエックス

年1千万円稼ぐ男が、税理士試験を攻略!のトップページ