税理士試験を攻略するための私の戦略〜時間の確保


「ネットビジネス=自由業」ですので、正直、1日12時間の勉強も可能です。
しかし、生活もありますし、そもそもネットビジネスの方が美味しい仕事なので、ネットビジネスにも力を入れたいところです。
というわけで、週6日、1日6時間、勉強時間に費やそうと思っています。
問題は、この6時間を、どのように確保するのか?です。
どういうことなのか?

カフェで、ボーっとしているだけで、1時間くらい、アッという間に過ぎます。ボーっとゲームしているだけで、1日、アッという間に過ぎてしまいます。
つまり、時間は、無駄に過ごそうと思えば、いくらでも、無駄に過ごせてしまいます。

また、私は自分でビジネスをしているので、労働時間に制限がありません。たとえば、「新しく、××というコンセプトのサイトを作ろう!」と思えば、それで仕事が増加してしまいます。
つまり、仕事をしようと思えば、いくらでも仕事ができるのです。しかも、ネットビジネスは、努力に応じて、収入も増加するので、仕事するのが楽しくなって、無制限に仕事をしてしまう可能性があります(昔は、仕事よりも、家族との時間の方が楽しかったので、あまり働いていなかったんですけどね・・・)。

つまり、私の場合は特に、週6日、1日6時間を確保するのには、ひと工夫、必要ではないのかなと。

スポンサード リンク



税理士試験の時間を確保する方法1


そこで、私は、まず記録していくことにしました。
具体的には、以下のように、何時何分、何をしたのかをメモしていくことにしたのです。


7:00 起床
8:00 出発
9:30 仕事開始
11:30:仕事終了、勉強開始

※)勉強が目的なので、メモが目的にならないように、大雑把にメモしていこうかなと。

そして、一日が終われば、1日24時間を「勉強時間」「仕事の時間」「その他の時間(遊びの時間など)」の3つに分類して、メモしていくことにしました。

あとは、1日の目標時間を決めて、1週間ごとに、「達成率」を出せばOKです。
※)詳細は、「税理士試験の学習方法〜時間をメモして管理する」に書きました。

このようにすれば、サボっていれば、一目瞭然です。
我を忘れて、仕事していても、一目瞭然です。
こうやって、時間を確保することにしました。


税理士試験の時間を確保する方法2


自分の性格を考えると、一番、「無駄な時間を過ごす可能性」が高いと思います。そこで、日々の生活を「習慣化」させることにしました

昔、サラリーマンをしていたときの話です。
夜遅くに帰って、寝る前に歯を磨こうと思って、口に歯ブラシを入れると、何か違和感が・・・まるで、油を口に入れたような感覚・・・

そうです。
歯ブラシに、歯磨き粉と間違えて、洗顔をつけていたのです。
なぜ、このようなことをしたのかというと、「疲れていた」ということもありますが、一番大きいのは「置き場所」です。
いつも歯磨き粉を置いていた場所に、洗顔を置いていたのです。
だから、疲れていて、判断能力も落ちていたことも重なって、歯ブラシに、歯磨き粉と間違えて、洗顔をつけてしまったのです。
つまり、普段の習慣があったので、ありえない間違いをしてしまったのです。

このように習慣の力は大きいです。
なので、勉強も習慣化させることで、長期間、乗り切ろうと思っています。
具体的には、朝6時に起きて、7時に出発。カフェで仕事をして、10時に、TAC(水道橋校)で、自習・・・のような「習慣」を作ろうと思っています。習慣ができれば、自然に、1日6時間の勉強時間という時間も確保できますからね。

・・・実は、この習慣化が、大きな障害になっています。
というのも、ずっと自由業を続けているので、「目が覚めれば朝」「眠くなれば寝る」という生活に慣れてしまっているためです。
※)ぶっちゃけ、この数年間、目ざまし時計を使ったことがありません。

また、本の執筆などの「突発的な仕事」を請けると、一気に生活が乱れます。

健康のために、規則正しい生活をしたかったので、今回の税理士試験のチャレンジで、規則正しくなりたいですね。

資格の学校
税理士試験なら、以下の2つがお勧め。管理人は、資格の学校(TAC)の税理士講座を受講中。管理人が、資格の学校 TAC(タック)で勉強している様子を公開!
資格の学校TACタック
DAI-X・ダイエックス

年1千万円稼ぐ男が、税理士試験を攻略!のトップページ